フィンペシア5箱目到着

投稿者: | 2009年7月8日
Pocket

 本日注文していたフィンペシアの5箱目が到着しました。ちょっとミノタブも開始しようかと心が動いたけど、もうすこしフィナステリド錠剤だけで頑張ってみようかと思いそのままFinpeciaだけです。最近は先日の記事で書いたように他社製品ですが偽物問題が浮上し微妙に気になるところですが、信じるしか有りませんね。そんなわけで一応到着したのを写真に残しておきます。


 写真を撮っていて気がついたのだが、前回と箱(パッケージ)質感が違う、すこし光沢が付いた紙箱に素材が変更になったようだ、印刷も少し違うのかな?全体的なデザインは一緒。しかし一番の違いはパッケージ裏に記載されているColors(着色料)部分で、今まで結構問題視されていたFinpeciaの着色料で発がん性物質であり、日本では食品への仕様が禁じられているキノリンイエロー WS(Quinoline Yellow)がついに今回のFinpeciaから消えました。日本で問題視されているのがインドまで伝わったのでしょうか?
本当にこの着色料を使わないように変更されたのか、日本からの問い合わせが多くめんどくさいからパッケージから消したのかは解らないけど、取りあえずパッケージからは表記が消えました。 少しずつ変更もあるんですね。

追記

2chの関連スレを巡回してたら以下のような情報が・・・

キノリンイエローはインドでは禁止されてはいないが英国食品基準庁(FSA)が2009年末までに生産者に自主規制を行うように勧告し、輸出向け商品の着色料が変更されたとのこと。

なるほどね。

関連エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください