Home > 皮膚科 > 東京医科大学病院 皮膚科

東京医科大学病院 皮膚科

スポンサードリンク

 街の開業医皮膚科でプロペシア貰ったは良いけど、いかんせんどうも納得って言うか良くわからない。ストレートパーマの影響なのか、男性型なのか、その他のハゲなのか。どうも疑問に思っていることがいっぱいある。

とりあえず大きい病院へ言ってみようと思いネットで脱毛外来のある病院を探したら東京医科大学病院というのが出てきた。脱毛症の治療では結構有名らしいのでいってみることにしました。

せっかくなので症状や聞きたいことをメモし持参しました。 症状、聞きたいこと
  • 1日100〜200本の抜け毛
  • 全体的に抜けていて約一ヶ月半で毛量は半分以下までになった。
  • 横も薄い、ひっぱると10本くらい手について抜ける、もみあげも抜ける。
  • 毛根がない、もしくは萎縮している、尖っている、変な形。
  • 親類に若禿がいない。(年相応には薄い)
  • 男性型の初期にある頭皮の色がおかしい、油っぽい、細毛化などの症状がない。
  • 10月中旬にかけたストレートパーマ後に脱毛が急激に増えた。


取りあえず朝から医者へ行ってきました。
受付を済ませ皮膚科待合室で待つこと2時間半。長い・・・

当初は男性型脱毛がどうのこうのという話をしていたのだが私の症状を言っていくと毛根の萎縮について言ったとき、「それだとまた話が全然違う」と言われその場で何本か抜かれ顕微鏡で毛根チェック!普通の抜け毛の中に何分か異常脱毛がある。毛根が尖っていて、あきらかに変。

そんな状況から診断された可能性のある脱毛症の名前は。

慢性休止期脱毛症
大量の髪の毛の休止期が一度に同時に来て脱毛が起こる症状。極度のストレスや手術、投薬、出産などによる脱毛。
この脱毛症の可能性が高い。八割方これだろうとのこと。

男性型脱毛
壮年性脱毛症。治療にはミノキシジル、フィナステライド、ペンタデカン酸グリデリド+サイトプリン、t-フラバノン、植毛、かつら等が治療方法。
若干だが細毛化しているかんじもあるので男性型の可能性もある。

急速進行性全頭型
頭部全部が抜ける脱毛。毛根異常の症状がこの方の脱毛に類似しているためこの病気の可能性もあると言われた。
ただ可能性としてはあるが割合敵にはごくわずかであろうとのこと。

私の頭皮、抜け毛の状態を見てもうしばらくは抜けるだろう。抜け毛を留めるにはリアップを塗りなさいと言われました。確かにカロヤンや他の育毛剤でも良いが一番高価があるのはリアップって言われました。

取りあえず他の皮膚科で処方されたプロペシアは呑まなくても言いとのこと。ただ高い金払って処方されたんだから飲んでも良いよ。副作用の弱い薬だからね。飲んでも飲まなくてもどちらでも良いと・・・。

あと二ヶ月しても抜け毛が収まらないようならもう一度来なさいと言うことです。

病院HP:東京医科大学皮膚科

てか、そんな極度のストレスってなんかあったっけ?思い当たる節がない。思い当たるとしたらストレートパーマの液剤か?これが影響したのか?男性型の可能性もある?ん?全頭型?これやばくない?え?結局何?なんなの?あれ?

自分が何型の脱毛症なのかをはっきりさせようと思い行ったのだが余計に何だか解らなくなった。

ただ、ひとつ真実は確実にハゲは進行している。

関連エントリー

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ

スポンサードリンク

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://recovery.kanjiki.com/archives/2006/11/tokyo-ikashikadaigaku-hifuka/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
東京医科大学病院 皮膚科 from Recovery 〜育毛&禁煙ブログ〜

Home > 皮膚科 > 東京医科大学病院 皮膚科

Feed
Others
blogram投票ボタン人気ブログランキング【ブログの殿堂】ランキングbanner My Profile by iddy ブログランキング・にほんブログ村へ
フィードメーター - Recovery ~育毛&禁煙ブログ~

ランキング
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player